四季の草花写真集

nature6000.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

コスモス(イエローキャンパス)

コスモス(イエローキャンパス)

1999年に、玉川大学農学部育種学研究室
が作り出した品種

キバナコスモスではなく
ふつうのコスモスの黄色い品種は
同研究室が1988年に生み出した
イエロー・ガーデンと本種の2つしかないとのこと
b0017645_043071.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-31 00:04 | 季節の草花

コスモス

秋桜(コスモス)
学名:Cosmos bipinnatus

コスモスはキク科コスモス属の1年草
日当たりと水はけがよければ
やせた土地でもよく育ち
北海道から九州まで
各地にコスモスの名所や
コスモス街道と呼ばれる場所がある
b0017645_23171565.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-30 23:17 | 季節の草花

コスモス

秋桜(コスモス)
学名 Cosmos bipinnatus

Cosmos はギリシャ語のkosmos (飾り,美しい)に由来
華やかな美しい花に贈られたぴったりの名前

原産地は南米メキシコの高地で
1800年ごろヨーロッパに渡り
1880年ごろ日本に伝わった

「秋桜」というのは
秋にたくさんの花が集まって咲く様子
あるいは花の様子が
サクラの花に似ていることから
名づけられた
b0017645_23174273.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-29 23:17 | 季節の草花

ミヤコグサ

都草(ミヤコグサ)
学名:Lotus corniculatus var. japonicus

日本各地の道ばたや芝地、砂地などに生える
マメ科の多年草
花の形を鳥帽子に見立てて「烏帽子草(エボシグサ)」
と呼ばれることもある
b0017645_082184.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-28 00:08 | 季節の草花

ガマ

b0017645_855837.jpg
蒲(ガマ)
学名:Typha latifolia

日本各地の池や沼などの水辺に生える
ガマ科ガマ属の多年草
棒状になった部分は雌花の集まりで
秋になると綿状になり風に乗って
種を遠くに飛ばす。
[PR]
by nature6000 | 2006-10-27 08:55 | 季節の草花

エンジェルストランペット

b0017645_21303477.jpg
エンジェルストランペット
木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)
学名:Brugmansia suaveolens

ブラジル原産の
ナス科キダチチョウセンアサガオ属の常緑低木

大きなトランペットのような花が咲き
その形から天使のトランペット
「エンジェルストランペット」と呼ばれる
別名「ダチュラ」

全草にアルカロイドの猛毒があり
さわるとかぶれるので注意が必要
[PR]
by nature6000 | 2006-10-26 21:30 | 季節の草花

ジュウガツザクラ

十月桜(ジュウガツザクラ)
学名:Prunus × subhirtella cv. Autumnalis

マメザクラとエドヒガンを掛け合わせて
作出した園芸品種

全体のつぼみの3分の1が
10月頃からちらほらと咲き
残りの3分の2は
春になってから一斉に咲く
b0017645_2173019.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-25 21:07 | 季節の草花

リンドウ

b0017645_20355796.jpg
竜胆(リンドウ)
学名:Gentiana scabra var. buergeri

秋を代表する花のひとつ
胃の薬として用いられる根は
薬草として名高い熊の胆より苦く
まるで竜の胆のようだとして「竜胆」と付けられた

世界各地に分布するリンドウは種類も多く
日本では本州北部から北海道にはエゾリンドウ
本州中部以北の高い山にはオヤマリンドウが
本州中部以南、四国、九州には
春に咲くフデリンドウ が自生している
[PR]
by nature6000 | 2006-10-24 20:36 | 季節の草花

稲穂

稲(イネ)
学名:Oryza sativa

「実るほど 頭(こうべ)をたれる 稲穂かな」
日本の秋の風物詩
稲穂が垂れる田園風景

イネ科 イネ属の一年草で
日本では縄文時代に伝来し
以来人々の暮らしを支え続けている
b0017645_0545551.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-23 00:55 | 季節の草花

ススキの花

薄(ススキ)
学名:Miscanthus sinensis

イネ科ススキ属のススキ
稲と同じように小さな実の元一つひとつから
しべがのび受粉する

ススキの名は
葉がまっすぐに伸びる様子の「スス」と
芽が萌え出でる意味の「萌(キ)」とが
合わさってできたとのこと
b0017645_21353239.jpg

[PR]
by nature6000 | 2006-10-22 21:35 | 季節の草花
line

四季の草花管理人コスモス


by nature6000
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー