四季の草花写真集

nature6000.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ノースポール

ノースポール
学名:Chrysanthemum paludosum

「クリサンセマム・ムルチコレ」と共に
「クリサンセマム」の代表種
「クリサンセマム・パルドーサム」とも呼ばれる

地中海沿岸に多く広がり
日本に来たのは1960年頃という新しい花。

一面に広がる花が北極をイメージさせ
そこから「北極(ノースポール)」
という名前になったとのこと。
b0017645_0362413.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-31 00:36 | 季節の草花

シキミ

樒(シキミ)  学名:Illicium religiosum 

シキミ科シキミ属の常緑小高木
この枝を仏壇や墓に供えるなど
仏事によく用いられる

樹皮や葉からは線香や抹香を作る

一方秋には褐色でつやがある種子をつけるが
これには有毒物質があり
食べると死亡する可能性があるほど
毒性が強い
b0017645_0192542.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-30 00:19 | 季節の草花

タンポポの綿毛

タンポポ
学名:Taraxacum

100~200の小花の集合体のタンポポ
そのひとつずつが綿毛をつけ
きれいな球体になる

やがてひとつひとつの綿毛が
種を運ぶ旅にでる
b0017645_02223100.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-29 00:22 | 季節の草花

シロバナタンポポ

白花蒲公英(シロバナタンポポ) 
学名:Taraxacum albidum

関東以西の日本各地に見られる
キク科タンポポ属の多年草
b0017645_0191419.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-28 00:19 | 季節の草花

カンサイタンポポ

関西蒲公英(カンサイタンポポ)  
学名:Taraxacum japonicum

長野以西に分布する在来種のタンポポのひとつ

近年、花粉に関係なく種子が単独で熟す
セイヨウタンポポに押され
花粉の受け渡しが必要な在来種は
少なくなってきている

セイヨウタンポポは
総苞外片が反り返っているのに対し
カンサイタンポポ等の在来種は
総苞外片が上向きに密着しているところで
見分けることができる
(この写真のように「がく」の部分
 が開いていなのが在来種の特徴 
 セイヨウタンポポは「がく」の部分が開いている)
b0017645_0195837.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-27 00:20 | 季節の草花

タンポポ

タンポポ学名:Taraxacum

漢名は「蒲公英」
和名の「たんぽぽ」は、綿などを丸めて、
皮や布に包んだものを先端につけた
“たんぽ槍”からきたという説や
茎を切り、その両端に切れ目を入れて水に入れると
両側が開き鼓(つづみ)の形になり
その鼓の音が「タン・ポン・ポン」と
聞こえることからきているなど諸説ある

現在、花の下の総苞と呼ばれる部分が開いている
西洋タンポポの方が多く見られ
総苞が閉じている日本在来種は減ってきている
b0017645_08434.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-26 00:08 | 季節の草花

アカシデ

アカシデ
学名:Carpinus laxiflora

北海道南部から九州にかけて分布する
カバノキ科クマシデ属の落葉高木

3月から4月にかけて
赤い花が尾のようにまとまって咲く
b0017645_02797.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-25 00:27 | 季節の草花

菜の花

菜の花

菜の花とは
在来種のナタネ(Brassica campestris)
セイヨウアブラナ(洋種ナタネ;Brassica napus)
セイヨウカラシナ(Brassica juncea (L.)などの総称

また,チリメンハクサイに改良を加えてつくられた
切り花用のナノハナもある
b0017645_043631.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-24 00:04 | 季節の草花

山桜とメジロ

山桜(ヤマザクラ)  
学名:Prunus jamasakura Sieb. ex Koidz

九州から本州にかけてよく見られる桜の一つ
花と葉がいっしょに出る

今は花見といえば「ソメイヨシノ」だが
昔はこの「山桜」が花見の桜だったとのこと



メジロ 
学名:Zosterops japonica

スズメ目メジロ科の鳥
スズメより少し小さめ
背中は黄緑、腹は白でのど元が黄色
目の周りに白い輪があるところから「目白」

やわらかい木の実や昆虫などを食すが
梅や桜などの蜜も大好きで
花が咲いた梅や桜の木立の間によく見られる
b0017645_0373813.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-23 00:37 | 季節の草花

シデコブシ

四手辛夷(シデコブシ)  
学名: Magnoria tomentosa

モクレン科モクレン属の落葉小高木
辛夷より花びらが多く
白や薄いピンク色をしている
シデコブシには変種も多い

花びらがピンクのものは
「紅辛夷(ベニコブシ)」とも呼ばれる
b0017645_0285046.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-03-22 00:29 | 季節の草花
line

四季の草花管理人コスモス


by nature6000
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー