四季の草花写真集

nature6000.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

藪蘭

藪蘭(ヤブラン)
学名:Liriope platyphylla

温暖な地に生育するユリ科ヤブラン属の常緑多年草
樹林の下草として自生している

紫色の小さな花をたくさん咲かせる
b0017645_19174694.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-30 19:17 | 季節の草花

ツルボ

蔓穂(ツルボ)
学名:Sciiia scilloides 

山野の日当たりの良いところに生える
ユリ科ツルボ属の多年草

日本各地、そして朝鮮半島から中国にかけて分布

別名:参内傘
b0017645_20475229.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-29 20:47 | 季節の草花

パンパスグラス

パンパスグラス
学名:Cortaderia selloana

南米原産のイネ科の多年草
豪華な白い穂が印象的で
活花などにもよく用いられる

パンパスとはアルゼンチンの大草原のことで
パンパスグラスとは
大草原の草という意味
b0017645_22543434.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-28 22:54 | 季節の草花

玉簾

玉簾(タマスダレ)
学名:Zephyranthes candida Herb.

南米原産のヒガンバナ科タマスダレ属の多年草
明治時代に園芸用として導入された

花壇の縁や道路の隅の方に
まとめて植えてあり
白い花が連なる姿をよくみかける
b0017645_21321826.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-27 21:35 | 季節の草花

シロバナマンジュシャゲ

白花曼珠沙華(シロバナマンジュシャゲ)
学名:Lycoris albiflora

「シロバナ」とはいうものの
真っ白な花が咲くのではなく
やや黄色味がかったものから
今日のようにピンク系の花が咲いている
b0017645_21142496.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-26 21:14 | 季節の草花

シロバナマンジュシャゲ

白花曼珠沙華(シロバナマンジュシャゲ)
学名:Lycoris albiflora

彼岸花といえば赤い色のものだが
最近白い彼岸花もよく見かけるようになってきた
この白い花を咲かせるものは
ショウキズイセン(鍾馗水仙)と
ヒガンバナの交雑種とのこと

日本での自生地は九州のみのようだが
園芸品種が各地に広がっている
b0017645_042010.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-25 00:04 | 季節の草花

彼岸花

彼岸花(ヒガンバナ)
学名:Lycoris radiata

いまだに猛暑が続く今年も
不思議と秋のお彼岸に合わせるように
花を咲かせる「彼岸花」
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草

根に毒があるため
モグラなどに掘り起こされないように
田の畦やお墓などによく植えられていた
「ごんぎつね」の話の中でも
葬列を見送るごんの様子を
印象的に表現するのに用いられている

また炎のような花の形が火事を連想させるので
家の近くに植えるのは嫌われていた

一方、おめでたい事が起こる兆しに
天から降るおめでたい花という意味の
「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」
という別名もある
b0017645_016356.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-24 00:16 | 季節の草花

萩(ハギ)
学名:Lespedeza

秋の七草最終回は「萩」

普通見かけるのはヤマハギ
ほかにマルバハギやミヤギノハギなど
多くの種類がある。

茎を切ると古株から芽が出ることから
「生え木(はえぎ)」
ということから「はぎ」になったとのこと
b0017645_1936321.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-23 19:36 | 季節の草花

藤袴

藤袴(フジバカマ)
学名:Eupatorium fortunei 

秋の七草のひとつ
キク科ヒヨドリバナ属の多年生植物

かつては多く自生していたが
近年その数が減り絶滅危惧種に指定されている

花の色が藤色で、花弁が袴を帯びているような形なので
「藤袴」と名づけられた
b0017645_2012502.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-22 20:12 | 季節の草花

女郎花

女郎花(オミナエシ)
学名:Patrinia scabiosaefolia

秋の七草のひとつ

オミナエシ科オミナエシ属の多年草
全国各地に分布し、8月から10月に開花する

花が咲いた様子を粟飯に見立て
オミナメシ(女飯)といったところから
オミナエシになったとのこと

全草または、根茎を乾燥したものを敗醤といい
解熱、消炎、浄血、解毒、排膿などの作用がある
b0017645_21563590.jpg

[PR]
by nature6000 | 2007-09-21 21:56 | 季節の草花
line

四季の草花管理人コスモス


by nature6000
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー